変顔
「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル~after school ACTIVITY~わいわい!Home Meeting!!」は、ラブライブでストア検索すれば4文字目ほどでトップに出ます。
スクフェスで検索してもかすりもしないのでご注意を。
とりあえず数時間プレイしてみましたが、第一印象は「操作難しすぎィ!」でした。
あの放射状の9ボタン配置は、コントローラーでやるのはかなりしんどいですね…

アーケード版とどう違うのか

自分は生活圏内にスクフェスACを置いてる店が無かったので、数回しかプレイしたことがありません。
なので細かなプレイ感の違いなどは分かりません。悪しからず。

操作
アーケードそのままのノーツ配置か、家庭用に若干アレンジされた配置かを選べます。
アーケード版の譜面(上記がデフォキー配置)は9ライン全てを使うのでかなり難しいです。
ゲーセンでやりまくっていた人でも、コントローラーだと最初は全然できないと思います。

家庭用操作
家庭用は4~6ライン(上記がデフォキー配置)なので、最初はこちらで慣れるのが良いと思います。
4ボタンはまだ何とかなるのですが、6ボタンの地点でかなり苦戦しています。
慣れなんでしょうけど、全然フルコンできる気がしませんね…

ロング
デフォルトだとロングノーツの途中と終点がかなり見づらいので、設定からライブ背景を「暗い」に変更するのをオススメします。

課題
曲をプレイして課題を達成していくクエスト要素が追加されています。
ライブで素材がドロップするので、周回・収集するのが主な目的になります。

衣装完成
素材を集めると衣装を作ることができます。
スキルカードで素材のドロップ数を増やすことも可能です。
9人曲衣装は1着作れば全員着用できますが、ユニット衣装はユニットメンバーしか着れません。
余談ですが、この衣装は青い部分をイルカが泳いで移動しています。凝ってますね。

衣装パック
衣装は有料DLCとして販売されていますが、全て自力で作れます。
素材集めの周回がダルい人や、急いで衣装が欲しい人以外は、買う必要はありません。
5時間ほどのプレイで、μ'sとAqours合わせて7着作ることができました。

曲は購入する以外に入手手段はないようです。
全曲セットを買っても特に割引はないので、プレイしたい楽曲パックを徐々に買い足していくのが良いと思います。
ユニット衣装を着るために、ユニット曲やソロ曲のパックも買っておきたいところです。

オールP
ソシャゲとは違うので、各キャラのスコア性能は同じです。
SSSを取るためにはオールパーフェクトを取る必要がありますが…

結構ミスった
曲によってはかなりミスっても取れる場合があります。
シビアな曲だと、GREAT 1でもSSになってしまいます。

オンライン要素

オンライン
PS+に加入しているとオンライン要素が利用できます。
実際にオンラインでプレイすると、以下の2点が追加されます。

いいね
1つ目は、画面右上にひっきりなしに通知が来るようになります。
初めてプレイした、~ランクを取った、ハイスコアを更新した、衣装を作った、写真を撮った等、今プレイしている他人の行動が逐一報告されます。
△ボタンを押すと、それらに対していいねすることができます。
一定回数いいねを押す課題があり、クリアすると素材などがもらえます。
通知がウザいと感じたらオフにもできます。

1000回
1000回いいねすると上記称号がゲットできます。
μ's・Aqours(とSaintSnow)ともにいいね1000回で課題終了なので、サクッと終わらせて通知オフにするのが良いと思います。

ライブ協力
2つ目は、ライブの際にサポーターが付きます。
オンライン上にいる誰かがランダムで2名選出されます。(画面右上)
誰もいない場合はNPCが選出されますが、スキルを所持していないので戦力にはなりません。
サポートしてくれた人をお気に入りに登録すれば、2名までサポートとして指名することができます。(画面左上)
合計4人のサポーターが付くので、コンボや素材集めの助けになります。

プロフ
画像・称号・スキルなどを配置して作ったプロフカードがサポートに反映されるので、まだ作っていない人は早々に作っておくことをおすすめします。

<序盤に有効そうなスキルカード>
・スキルゲット系でスキルカードを増やす
・ラック系で布や糸を集め、衣装を作る
・ドロップサポートでわいわい!ブースターを狙い、素材入手数を増やす
(※μ'sとAqoursで若干スキルカードに差があり、Aqoursにはスキルゲットはないようです)

4月14日追記:
全衣装を作り終えましたが、課題は山盛り残っている状態です。
結論から言うと、衣装の素材はアホほど余ることになります。
なので個人的には…
・スキルゲット系でスキルMAXを目指す
・友情ポイントUPでレベルMAXを目指す
・ドロップサポートでわいわい!ブースターの課題を全員分終わらせる
・コンボ系やジャッジ系でハイスコアを目指す

この辺りに落ち着くと思います。

かわいい
プロフ画像にはライブビューモードで撮影した画像が使えます。
撮影に関しては後述します。

これらのオンライン要素はあれば有利になりますが、ぶっちゃけなくても問題ないレベルだと思います。
このゲームのためだけにPS+に加入する必要性は薄いかなと感じました。

撮影機能やローアングルなど

このゲームはデレマスのVR同様、動画が一切撮れない仕様です。
動画をYouTubeにアップしたり、コマ送りでベストショットを選んだり、GIF動画を作ったりすることができません。
ライブビューモードで撮影ボタン一発押しの真剣勝負が要求されるのです。

海未ウインク
ウインクするタイミングを把握していても、実際に撮影するのはかなり難しいですし…

レア
半目などのレアなショットは狙って撮るのはまず不可能です。

穂乃果制服
足を上げる・スカートが翻るタイミングを把握し、あらかじめカメラを構えておかないと、際どいショットはとっさには狙えません。

暗黒
まあ見えた所でスクスタ同様暗黒なんですけどね。

不自然
制服のスカートが一番短いので、何気ないシーンでも不自然な暗黒を拝むことができます。

注目
個人に注目するカメラモードがかなり良い感じです。
特定の個人にずっとカメラが張り付くので、推しのベストショットに絞って狙えます。
手前にいる人はフォーカスが外れてぼやけます。

MV
とは言え、やはりMVモードのほうがダイナミックな写真が撮れるので、プロフにするならこっちですね。
CYaRon!が好きなら、「近未来ハッピーエンド」はかなり撮れ高があるのでオススメです。

目線
カメラ目線の課題は、カメラを真正面から外すと分かりやすいです。
結構頻繁にカメラ目線になるので、1曲で5人分終わらせることも可能です。

MV
MVモード以外は視点の移動とズームが一応可能ですが、カメラの可動範囲は極めて狭いです。
あらかじめMVを見て、別の角度から見たら見えそうなシーンを厳選しておきます。
例えば、MVでこんな感じのシーンは…

どや顔
ことり注目モードにして、視界を下に移動(L2)、一番ズームアウトした状態で(L1を2回押す)、右に視点移動(Lスティックを右に)すると、こんな感じになります。

善子キック
思ったよりも大きくは回り込めず、カメラ位置も低くできないので、想定している写真が撮れない方が多いです。
くじけずに何度も挑みましょう。

聖雪
セイントスノーは衣装も曲も少ないのがアレですね。
理亞も思わずのけぞってます。

写真は30枚しか保存できず、新たに撮った写真で上書きされていきます。
残したい写真はお気に入り登録しておきましょう。25枚までお気に入り登録できます。
プロフカードは最後に作った1枚以外は破棄されるので、プロフ画像用の写真は全員分確保しておきたいところです。
プロフに使わないネタ写真は、スクショを撮って消すのが良いと思います。